就活の証明写真

結婚写真

人は見た目が十割とは言わないけれど

人は見た目よりも中身だ、という言葉があります。どんな人も、顔立ちよりも中身のほうが重要です。しかし、会ってすぐではその中身も見えません。ならば、少しでも外見を良くして好感度を上げるのもひとつの手ではないでしょうか。 就活において、写真は、書類上での貴方の姿を見せるひとつの手段です。きりりと真面目な表情をしているのも良いですが、少し笑って人懐っこく見せ、相手に「この人は良い人そうだな」と思わせるのも良いでしょう。その部分は、就活で目指している分野がどの方面化によって違ってきます。硬い職種を目指している際はしっかりと真顔が良いでしょうが、アパレル系の職種への就活を行っているのならば、少し笑顔の写真のほうが人当たりが良く見えるでしょう。

写真を取るときは、顔を明るく

笑顔であるか笑顔でないかにかかわらず、大事なのは顔色を良く見せることです。 人は、誰しも顔色が悪い人よりも明るい顔色の人のほうが素敵に見えます。就活においても同じことです。就活において貴方を選ぶ採用担当者も、ただの人間です。よって、写真で少しでも印象を良くしておくことが大切です。 テクニックとして、顔色が良く見えるようなメイクをすることです。肌の色が少し明るく、くすんで見えないような色をファンデーションの中でも選び、チークも明るめにしてみるのが大事です。これだけのことで、写真映りが良くなります。 また、プロに撮ってもらうのも手でしょう。慣れているだけあって、プロが写す写真は、インスタントのスピード写真よりもずっと写りが良いことが多いです。 将来を決めることになる就職活動、その写真は大事にしたいものです。